ニュース

Dark marine Devil Diver オンタイム川崎ロフト店2022.10.22 オンタイム 川崎ロフト店

こんにちは、オンタイム川崎店のmizuです。

今回はハロウィンっぽい?名前のモデルさんをご紹介します。

 

突然ですが、皆さんはハロウィンの由来をご存じですか。

 

起源は紀元前まで遡り、古代ケルト民族のお祭りだったと言われています。

古代ケルトでは11月1日が新年になり、その前夜である10月31日から秋の収穫を祝うお祭りが行われました。

またこの日は例会と現世が混じり合う日と言われていたため、先祖の霊が帰ってくる日とされていました。

日本でいう”お盆”と”大晦日”が一緒になった日がこの10月31日。

ちなみに仮装をするのは、先祖の霊と一緒に悪魔たちも現世に入り込んでしまうので、

彼らに同族だと思わせるためのカモフラージュだったと言われています。

それから…。

 

失礼、結構この手の話が好きなもので、つい語ってしまいました。

 

さあ、本題に入り今回の主人公をご紹介します。

今回ご紹介するのは、”悪魔”と呼ばれた伝説のダイバーズウォッチ 【BULOVA】(ブローバ)の

Oceanographer “Devil Diver”(オーシャノグラファー デビルダイバー)です。

通称 ”Devil Diver”です。

96B350 ¥86,900

 

なぜこの方がデビル(悪魔)と言われているかと言うとですね、デビルダイバーがデビューした当初(1970年代)

腕時計では300ft(約90m)防水が一般的でしたが、その数字を遥かに上回る666ft(約200m)という防水を実現させたのです。

まさに悪魔的な数字。

当時、驚異的な防水性で多くのダイバーを虜にしたそうです。

この”666″は、新約聖書『ヨハネの黙示録』に登場した獣(悪魔)の数字だった事から、

デビルダイバーと呼ばれるようになりました。

そんなデビルダイバーは、2018年に文字盤の”666FEET”の刻印を始め、当時のデザインをそのままに、

さらにバージョンアップして復活を遂げました。

見てください、この鮮やかなオレンジの文字盤!

オリジナルモデルのビビッドなカラーをそのまま再現したというのがまた良いですよね。

蓄光タイプの塗料を搭載しているので、視認性も抜群。

しかも、シリーズ初となるラバーストラップなんです。

このデビルダイバーはメタルブレスが主流なのですが、こちらのモデルはガラッと雰囲気が変わり、

ちょっとワイルドな印象を受けます。

 

気になる方は是非、オンタイム川崎ロフト店へ

ご来店お待ちしております。

トピックス

SEIKO 5 SPORTS 抽選販売のご連絡
2022.12.05

トピックス

G-SHOCK抽選販売のご連絡
2022.12.05

トピックス

ポール・スミス ウォッチから新作が登場 | Paul Smith WATCH
2022.12.01